妊娠中は魚を食べても良いのか

妊娠中は魚介類をあまり食べない方が良いと言われますが、食事内容はどのようにして気をつけたら良いのでしょうか。魚介類はタンパク質やカルシウムなど、身体に良い成分が沢山含まれていますが、選ぶ魚によっては、水銀を多く含むものがあります。そのために、大量に摂取する事で、胎児の発育に影響が出ると言われていますので、注意が必要です。ですが、妊娠中でも食事は楽しみたいものです。魚介類の中でも、サケやイワシ、サンマやブリ、カツオといった魚は、特に注意が必要ではないと言われていますので、安心して食べるようにしましょう。逆に、妊娠中に気を付けなくてはいけない魚介類が、インドマグロやクロムツ、メカジキや本マグロ、メバチマグロなどです。これらの魚には、水銀を多く含んでいる可能性が高いと言われていますので、食べる量を意識してください。絶対に食べてはいけないという事はありませんが、何も考えずに食べ過ぎてしまいますと、胎児に影響を与える可能性があります。妊娠中は食べて良いもの、いけないものに縛られるのではなく、バランスの良い食事を心掛けて、楽しむ事が一番です。アレもダメ、これもダメと縛りつけてしまいますと、かえってストレスが溜まってしまいますので、気を付けましょう。

↑PAGE TOP